らぁめんの具


なるとの渦はなぜピンクか
by naruto-makimaki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ

カテゴリ:トウカイドウ( 21 )

もしもツア〜ズ

キャイ〜ンの番組で「もしもツア〜ズ」というものがある。
もしも○○だったら〜?みたいなノリでツアーをしていくという
旅番組のような、バラエティーのような、そんな番組。

で、昨日のもしも・・・は
「東海道五十三次 500km走破 3泊4日の旅」






な、なんてタイムリー・・・
ちょっと出かける用があったけど、ばっちり録画予約をしていく。
まだ見てないんだけど、また旅の余韻に浸ってみようと思います。
[PR]
by naruto-makimaki | 2005-10-02 08:08 | トウカイドウ

東海道総集編2

歩いてるときにいろいろ気付いたこと。

日本には四季があるんだ、ということ。
日が暮れるのが少しずつ少しずつ早くなっていって、
トンボの数が増えていって、
彼岸花が咲き始めて、、、、、

東京というのはとんでもなくでかい、ということ。
例えば静岡だったら静岡「駅」の周辺、
愛知だったら名古屋「駅」の周辺、
三重だったら四日市「駅」の周辺、
滋賀だったら大津「駅」の周辺。
そういうところしか栄えてなくて、基本的に他の場所は田舎。
でも、東京は渋谷、新宿、池袋、上野、、、、、
そういういくつもの都市が内包されてしまっている。
とんでもなく、でかい。

三重は近畿ではなく、東海なんだ、ということ。
例えば天気予報。「東海地域のお天気です」というと、三重が入っている。
例えば野球中継。猛烈に中日をプッシュしている。
例えば方言。一応関西弁なんだけど、名古屋弁のような聞きづらい響きが混じっている。

町や地域によって東海道の認識がちがう、ということ。
東海道の表示がいっぱいあってとても歩きやすいところ、
表示なんてなくて地図がないとどこが東海道なのかわからないようなところ、
「どまんなか袋井」のように「東海道」ということしか特徴のないようなところはそれに頼って町おこしをしようとしてる。京都はというと、「東海道」ということを言わなくても人がくるから、東海道の表示なんてぜんぜんなし。三条大橋のところだけ。町おこし自体あきらめてるようなところでも東海道の表示はない。
それに関連して、旅人に対する接し方も違う。
吉原くらいまでだと私みたいな人が珍しいらしく、たいがい驚かれる。
でも静岡も半ばになると結構いるらしく、驚かれはしない。
それが愛知に入るとまた驚かれるようになる。
で、三重も四日市過ぎてからは驚かれなくなる。
まぁでもたいがい私が「ずっと連続で」歩いてる、というのを聞くと驚かれます。細切れに歩いてる人は結構見るけど、私みたいに連続で歩いてる人はたま〜〜にしかいないらしい。

世の中の人は「女の子1人」に優しい。(笑)
これはもう詳しい説明はいらないよね。そのまんまです。

ん〜と、今思いつくのはこんなもんです。
あとでまた思い出したら追加します。
[PR]
by naruto-makimaki | 2005-09-29 22:24 | トウカイドウ

東海道総集編1

トータルデータ
歩いた区間:東神奈川〜三条大橋(約470km)
実際に歩いた距離:約400km
公共機関で移動した距離:約70km
歩いた日数:14日間
総歩数:約611100歩
総費用:約13万円(帰りの新幹線代除く)

絶景ベスト3
1位 さった峠(太平洋)
2位 浜名湖、琵琶湖
3位 小夜の中山(茶畑)

すてきな街並みベスト3
1位 関宿
2位 土山宿
3位 宇津ノ谷の集落、有松の集落

旅をしていてよかったと思った瞬間ベスト3
1位 2日目(箱根を登りきった時)
2位 3日目(吉原ですてきな出会いがあったとき)
3位 11日目(関の町並みを見た時)

肉体的に辛かったベスト3
1位 2日目(箱根峠)
2位 4日目(豆ができはじめた)
3位 6日目(峠を2つ越えた)

精神的に辛かったベスト3
1位 初日(なんてバカなことを始めてしまったんだ、と後悔)
2位 8日目(やっと愛知県に入り、ある種の達成感を感じた)
3位 2日目(箱根湯本に入るまでが辛かった)

これは死ぬかも・・・と本気で思ったときベスト3
1位 箱根峠が霧で視界10mだったとき
2位 天竜川を越える時(橋に歩道がなかった)
3位 宇津ノ谷峠を越える時(明治時代のふる〜いくら〜いトンネルを通った。私以外人間は0。)

苦戦をしいられたことベスト3
1位 右足の親指の豆
2位 かかと
3位 荷物(重い)
[PR]
by naruto-makimaki | 2005-09-29 08:19 | トウカイドウ

帰宅です

朝早くN村邸から歩いて20分程の北野天満宮に散歩がてらお参りし、朝ご飯を食べて8時半の新幹線に乗り込み、11時前に新横浜に到着。新幹線のすごさをあらためて実感。詳しい感想などは後日改めて。

私の第2のホーム、新横浜スターバックスに顔を出し、常連さんたちにも遭遇して旅のことをさらっと話す。

そして自宅最寄り駅からタクシーで帰宅。
家では父、母、祖母が首を長くして帰りを待っててくれました。
というのも、今月に入って祖母も同居するようになったんだけど、まだ引っ越しパーティー(?)をしてなくて、私の帰宅と兼ねて今日の昼に豪華に特上寿司を注文してたんですね〜。というわけで帰って早々もてなされてしまいました。

今こうして自分の家でパソコンいじってる訳ですが、なんかこんな明るいうちに体を動かさずに家にこもっているのがもったいなく感じます。とはいえ、ちょっといろいろとやることがたまってるのでこうしてるわけですが、せっかく鍛えた足腰をこのまままた運動不足で衰えさせるのはもったいないので、可能な限り1日1時間くらい、早朝ウォーキングをやっていきたいと思います。

では今日はこの辺で。
[PR]
by naruto-makimaki | 2005-09-27 16:30 | トウカイドウ

スペシャルサンクス☆

この旅で出会った人たち、支えてくれた方々です。

父、母、祖母、(兄)

このブログを見てくれてる人たちみんな

ニックさん(行きつけの美容院の美容師さん)

平塚のビジネス旅館のおかみさん

箱根湯本の売店のおじさん
甘酒茶屋の店員さん、お客さんたち
箱根レイクヴィラのご主人、宿泊者のみなさま

三島大社の茶屋の店員さん
吉原で入った売店のおばさま
K谷さん(吉原で夕飯をごちそうしていただいた方)
鯛屋旅館のご主人、おかみさん

Y田さんご夫妻(さった峠で知り合ったご夫婦)
ホテルマスターチのおかみさん
ホテルマスターチ横の居酒屋のご主人とおかみさん

吉川旅館のおかみさん

小夜の中山ですれ違った旅人のおじさま方
日坂の売店のおじさま、おばさま
どまんなか茶屋(袋井)のおじさま方

浜名湖で声をかけてくれたおじさま方
浜名湖ユースホステルの従業員の方々、宿泊者のみなさま

二川駅で帽子を拾ってくれたおじさま
北っちのママ

ヤマザキショップの店員のおばさま

笹井屋(四日市名物なが餅で有名な老舗)の店員のおねえさん

N川さん(関でお宿の面倒をみてくれたおばさま)

うかい屋(土山)のご主人
N本さん(土山から水口まで同行したおじさま)

草津本陣のおばさま
草津脇本陣のおじさま

N村さんご一家(京都でいつも泊まらせていただいているお宅)

その他、道中で声をかけてくださった地元の方々


ほんとうにほんとうにありがとうございました。
一生忘れません!
[PR]
by naruto-makimaki | 2005-09-25 21:29 | トウカイドウ

最終日

c0041788_20134881.jpg

c0041788_20134857.jpg

c0041788_20134824.jpg

c0041788_20134815.jpg

c0041788_20134884.jpg

いよいよ最終日。

朝7時15分、草津を出発。(写真1枚目)
日本一の琵琶湖。まるで海みたい!私が立ち寄ったのは琵琶湖の最南のところ。この向こうに広大な湖が広がってるわけです(写真2枚目)
正午すぎに京都市に突入!ゴールまでもうあとちょっと!(写真3枚目)
ここが三条大橋です!東海道の西の出発点。やじさんきたさんの銅像が立ってます(写真4枚目)
で、どうせなら…ということで足を伸ばして京都駅まで来ました!15時半に到着。一人歓喜の声をあげてました。どっからどう見ても不審者(笑)(写真5枚目)

というわけで、無事に到着しました!
この旅でいろいろ考えたりしたこともあるので、詳しいことはパソコンから更新します!
[PR]
by naruto-makimaki | 2005-09-25 20:13 | トウカイドウ

13日目

c0041788_2022437.jpg

c0041788_2022412.jpg

c0041788_2022468.jpg

c0041788_2022425.jpg

c0041788_2022428.jpg

今日の行程は26キロ。あんまり早くでても…と思い、のんびり、8時に水口を出発(写真1枚目)
途中、「柏木」という地区を通る。柏木小学校に柏木公民館!うれしいやら恥ずかしいやら。もちろん、記念撮影は忘れない(笑)(写真2、3枚目)
今日の目的地、草津は東海道と中山道の分岐点(追分)。右に行くと東海道、左に行くと中山道(写真4枚目)
追分から50メートルも離れてないところ、草津の本陣。のんびり歩いたつもりだったけどだいぶ早く、14時過ぎに到着。ホテルチェックインまでのんびり観光(写真5枚目)

三重に入ってからこっち、1日30キロも歩いてない日が続き、物足りなさを感じるようになってきた(笑)末期症状やね。

なにはともあれ、長かった旅もいよいよ明日、終わりを迎えます!あと1日、気を抜かずに体調に気をつけてがんばります!
[PR]
by naruto-makimaki | 2005-09-24 20:02 | トウカイドウ

12日目

c0041788_1993592.jpg

c0041788_199358.jpg

c0041788_1993564.jpg

c0041788_1993556.jpg

c0041788_1993569.jpg

宿の朝ご飯を食べ、ちょっとゆっくり7時過ぎに関を出発(写真1枚目)
途中、宿ごとに1本1本柱が建ってるポイントがあり、今までの48本を一つ一つかみしめながら数えていく。残るは土山、水口、石部、草津、三条の5本!(写真2枚目)
最後の難所、鈴鹿峠からの眺め。難所っていうわりにはあっけなく登りきる(笑)箱根に比べたら、ねぇ…(写真3枚目)
鈴鹿峠をすぎていよいよ滋賀県に突入!(写真4枚目)
のんびり歩いた割には早く、15時半に目的地、水口に到着(写真5枚目)

土山をすぎたあたりで同じく東海道を1人で歩いてるおじさまと遭遇!水口までの約2時間、いろいろお話しながら歩きました。このおじさんは土日とかを使って細切れに歩いてるらしく、東海道を歩き始めて5年目!私みたいに通しで歩いてない分、宿ごとに様々な季節で思い出があるんだって。それもまた素敵だよね☆
もちろんここでも連絡先をきく。写真現像してお手紙と一緒に送るのだ!
[PR]
by naruto-makimaki | 2005-09-23 19:09 | トウカイドウ

11日目

c0041788_204514.jpg

c0041788_204522.jpg

c0041788_204583.jpg

c0041788_204532.jpg

朝6時45分、四日市を出発。曇りだったけど、途中から霧雨に。やっと雨具の出番です(写真1枚目)
このあたりは公的な東海道の表示が少なくて結構困ることがあるんだけど、どう見ても手作りのこの道しるべがたまーに普通の民家にかけてあって、とても救われます。ボランティアなのかなー?(写真2枚目)
今日の行程は28キロ。14時半に目的地、関に着いちゃった。関は53コある宿の中でも、当時の町並みが一番きれいに残ってることで有名。ホテルはちょっと離れた手前のところにあったんだけど、チェックインまでまだ時間があるっていうのと、明日の朝早くに通るとせっかくの町並みなのにお店もしまっててさびしいなぁということで、観光することに(写真3枚目)
関の町並み。これ、観光用じゃなくて、本当に人が生活してる場所だっていうんだからさらに驚き!(写真4枚目)

で、ふらーっと入った喫茶店のおばちゃんと意気投合!この宿場町に近い国民宿舎が満室でとれなかったからビジネスホテルを予約してたんだけど、その話をしたら「せめて宿舎で広いお風呂に入ったら?ユニットバスじゃ狭くて疲れとれないでしょ」と言って宿舎まで送ってくれ、更にだめもとで「この子泊まれないの?」って聞いてくれて、そしたらなんと!泊まれちゃいましたー!!たまたまキャンセルがでたみたいで…。ほんとにラッキー。国民宿舎だから安いし食事豪華だし部屋広いし!もちろん大浴場!
ビジネスホテルへのキャンセルの電話もそのおばちゃんがしてくれました。まるでお母さんやね。
おばちゃんにも「たまたま私のお店に立ち寄ってよかったわねぇ」って言われました(笑)一期一会ってこのことなんだねー。おばちゃんのお店に入らなかったら今ごろ侘びしいビジネスホテルにいたんだなぁ…
しかもいろいろ手土産もくれたり、また今度来たときは車で色々案内してあげるわねって言ってくれたり…もちろん連絡先の交換もしたので、無事に帰宅した暁にはお手紙を送ります!
また一つ、素敵な思い出が増えました☆
明日はいよいよ滋賀県に入ります!
[PR]
by naruto-makimaki | 2005-09-22 20:04 | トウカイドウ

10日目

c0041788_20285951.jpg

c0041788_20285966.jpg

c0041788_20285994.jpg

c0041788_20285995.jpg

c0041788_202859100.jpg

今日の行程は約20キロ。午前中はのんびりすごし、実は立ち寄ったことのなかった名古屋を1時間ほどうろつく(写真1枚目)
ここがスタート。関西本線弥富駅。12時に出発(出発2枚目)
これを越えたらいよいよ三重県!木曽川の眺め(写真3枚目)
三重に入り、揖斐・長良川を越える。下流の方では2つの川が1本になるので、「揖斐・長良川」と言うらしい(写真4枚目)
なかなかいいペースで目的地、四日市に到着。17時すぎ(写真5枚目)

名古屋にいるときに四日市の宿をとったんだけど、今まで当日でも余裕でとれてたのに、四日市は何かがあるらしく、6軒くらいに立て続けに、満室です、と断られて本気であせりました。携帯の機能に助けられ、どうにか宿をとりました…。
ちゃんと調べずにとった宿だったけど、めちゃめちゃいいです!キレイだし安いし!しかも8畳くらいの部屋を独り占め☆
ちなみに、今日みたいなことにならないようにこれから先の宿も先ほど全部確保しました。あぶないあぶない(^_^;)
[PR]
by naruto-makimaki | 2005-09-21 20:28 | トウカイドウ


最新のトラックバック
137693 Blog ..
from 137693 Blog Ve..
国際携帯電話について(-..
from お出かけ日記
『かもめ食堂』を観て来ま..
from ☆★☆風景写真blog☆★☆..
馬車道北仲ブリック・北仲..
from Take ART Eazy!..
浜名湖
from 日本の湖を知る
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧